So-net無料ブログ作成
検索選択
パニック障害 ブログトップ

うつむき姿勢の人がパニック障害やうつ病になりやすい [パニック障害]

パニック障害やうつ病の原因は首にあるということは
もしかすると聞いた事があるかもしれませんが、

普段から「うつむき姿勢」になりがちな人はこれらの病気になりやすいので要注意です。

スマートフォンを見続けたりして前傾姿勢が長時間続くと
頭の重さで首にかなりの負担がかかります。

人間の部位の中で一番思いのは頭部だと言われています。
その重さを首のみで一手に支えているのですから、
相当な負担が掛かっていると聞いて不思議は無いでしょう。


こうして首に負担が掛かると何故良くないのかというと、
首は自律神経の通り道になっているので、その流れが滞ってしまうからなんです。


首の筋肉は実際は我々が想像している以上にデリケートらしく、
スマートフォン中毒などで常に下を向いている人は
うつ病とかパニック障害などの病気の予備軍であると言えるでしょう。


ですから逆に首こり改善でパニック障害やうつ病が治るということなんです。

これは私自身も実際に継続して試してみたところ
驚く程劇的な改善が見られました。

今まで精神的な要因や食事などの生活習慣にしか目を向けていませんでしたが、
首を正すことで治ると知ったときは目からウロコの心境でした。

パニック障害や軽度のうつ病はこれで改善出来る場合は
多いというデータも報告されているようですので、ぜひ試してみてください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パニック障害で発作が起こっても死ぬことは無い [パニック障害]

パニック障害で最も恐ろしいのは、突発的に起こる発作です。
いつどこで起きるのか全くわからないので、常に不安なのです。
このことを予期不安というそうなのですが、
私もパニック障害発症後1ヶ月間はかなりシンドイ思いをした記憶があります。



ただ一つだけ言えることは、これは多くの方や医師の意見でもありますが、
パニック発作で死ぬことは無いということです。


しかし実際に発作が起きているときは常に死の恐怖がつきまとっていました。
だけどそれは自分の中で恐怖が増幅されているだけの話なので
本当に死んでしまう事は無いのです。


だから仮に発作が出てしまったとしても、
「大丈夫、死ぬことはないんだ」と言い聞かせて自分を安心させましょう。


パニック発作のピークは大体10分程度で過ぎて行きますから、
その後は深呼吸してリラックスさせるようにしましょう。


私は少しパニック障害の症状が少し安定してきてからは
自分をリラックスさせるために温泉に通ったりしていました。


温泉は副交感神経を優位にさせてくれますので パニック障害にも効果があると思います。


人それぞれ方法は違うと思いますが、
とにかくリラックスするような工夫をしてみると良いと思いますよ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
パニック障害 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。